SONY、Android Wear搭載「SmartWatch 3」発表


sony_SmartWatch_3_Black

sony_SmartWatch_3_Lime

sony_SmartWatch_3_CoralPink
ソニーモバイルコミュニケーションズは9月3日(現地時間)、「IFA 2014」(ベルリン)でAndroid Wear搭載のウェアラブル端末「SmartWatch 3」を発表した。グローバル市場で2014年秋より展開予定。


IFA 2014:ソニーモバイル、Android Wear搭載の腕時計型端末「SmartWatch 3」を発表 – ITmedia Mobile

元々、Android WearはAndroidスマートフォンの通知を受けたり、ボイスコマンドで操作したりといったことが主な機能だが、SmartWatch 3では単体での音楽再生、映像再生が可能になる。会場の説明員によると、音楽や動画は、スマートフォンから転送するしくみだという。このモデルはハードウェアとしてWi-Fiにも対応している。ただし、展示されていた試作機ではこうした機能を利用できなかった。鈴木氏が最新のOSを搭載すると語っていたことと合わせて考えると、Android Wearのアップデートでこうした機能をサポートする可能性が高い。


ソニー「SmartWatch 3」がAndroid Wearとして登場、通話対応の「SmartBand Talk」も – ケータイ Watch

sony_SmartWatch_3


Sony expands SmartWear Experience range with two new additions for Lifelog – SmartBand Talk and SmartWatch 3 | Sony Smartphones

ソニー、2種のウエアラブル端末を発表―はずみになるか – WSJ

Check

  • GPSや加速度、振動器、コンパス、ジャイロといったセンサーが増え、より正確な「Lifelog(日常の記録)」の活用が可能に。

  • Android 4.3以降のスマホと連携。

  • 本体単体で音楽・動画を再生可能。

  • 防水防塵。電池の持ちは約2日間。

  • 2014年4~6月期のウエアラブル市場のシェアは、フィットビット37%、サムスン20%、ジョウボーン19%、に対してSONYは5%しかない。さらにApple参入で競争は激化。成功の鍵は、米国・中国市場の攻略。

  • [youtube]https://www.youtube.com/watch?v=loIdffEfcjA[/youtube]

    UP

    【アップデート予告】Android Wear、GPSと単体音楽再生に対応 | auとかデジ