ワイモバイル、MNP転出手数料を値上げ


Ymobile
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのMNPの転出手数料は、いずれも2000円。ドコモは、SIMカード単体での新規契約や、2in1のBナンバーの契約において、契約から90日以内にMNPで転出する場合、転出手数料は通常の倍以上にあたる5000円に設定している。ソフトバンクも同様に、端末を購入しない契約や、プリペイドサービス、スマート一括契約、みまもりケータイの新規契約において、翌々請求月末までにMNPで転出すると、転出手数料は5000円になる。


ワイモバイルがMNP転出料を改定 – ケータイ Watch

MNP転出手数料改定について|2014年|プレスリリース|ワイモバイル株式会社

Check

  • 新規契約月から6ヶ月以内のMNP転出料を、3000円から6000円へと値上げ。7か月目以降のMNP転出は3000円。2014年12月1日(月)以降のMNP転出受付分より適用。

  • 値上げ理由は、他社へ移る事を前提にした契約を防ぐため。

  • 2014年10月1日~2014年11月30日までなら、期間は関係なく一律3000円。

  • 2014年9月30日までならMNP転出料は一律2000円。