【マイクロ波聴覚効果】携帯基地局近くの耳鳴り・頭痛で訴えらているKDDI


au kddi
「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/9月27日号)は『深層リポート 大詰めの携帯基地局訴訟』という注目記事を掲載している。「基地局の電磁波と体調不良の因果関係が争われた裁判で、近く判決が出る。専門家の測定で明らかになった真実とは」という記事だ。


携帯電話基地局の電磁波で健康被害?住民がKDDIを提訴 携帯業界に大打撃の可能性も | ビジネスジャーナル

岡田さんは、妻の洋子さん(60)と同様に終日にわたって「キーン」という金属音のような耳鳴り、しびれ、重い肩こりなどを併発。基地局から離れて生活するため、自宅から6キロ離れた場所への引っ越しを余儀なくされた。


KDDI電磁波裁判、退けられた住民の訴え 東洋経済オンライン

マイクロ波聴覚効果 – Yahoo!知恵袋

Check

  • 宮崎県延岡市大貫町住民が健康被害で訴える。地裁では健康被害の存在は認めるも、基地局との因果関係は否定。思い込み効果の可能性も指摘し棄却。原告は控訴。

  • 「耳の奥でセミが鳴くような音」がするという原告の声。

  • 新論点は、マイクロ波で音が誘発されるというマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)。長時間の曝露はストレスを生じるので避けるべきとWHOも認めているが、「閾値」は国際的に幅。

  • 「電磁波過敏症」で退けるのか?控訴審判決は12月5日。