auのウィスキーフラスコ系携帯「vols(ボルズ)」

・Kスタに「INFOBAR2」ほか3つのコンセプトモデルが登場(impress)

・フォトレポート:ロス ミクブライド氏のデザインによるコンセプトモデル「vols(ボルズ)」。1919年~1933年まで米国で施行された禁酒法令「ボルズデット法」に由来(CNET Japan)

・「酒瓶という“伝統的モバイル製品”と一番新しいテクノロジーである携帯電話を結びつけた」(impress)



原宿KDDIデザインスタジオにて11/16日まで開催されている「INFOBAR展」「Trilogy展」。ぷっくりINFOBAR2も大変魅力的ですが個人的にもっともっと惹かれてしまうのは・・・「vols(ボルズ)」!



たぶん人気でないでしょうし(笑)、コンセプトと構造から質感ケチれないで全然旨味はないのでしょうけど・・・欲しいぃぃ!!



ストレートやスライド系だとボタンを隠して携帯ディスプレイを常時出しておく、そこがいいんでしょ?と考えたくなりますけどこれは常時隠してしまうという新鮮味。ボタンを押すと「画面」が飛び出してくるんだそうですよ。



必要最低限の情報は上部のサブディスプレイがありますし(ここでEZニュースフラッシュが読める良いですねぇ)。ボタンはどの程度内側に沿っていくのかわかりませんけど、メールもひょっとしてこの試みの方が打ちやすいのではないかという期待もあります。あとはとにかく質感でしょうか。



側面のVIDEO OUT端子がなんだかとってつけた感じで、逆に「現状出しません」宣言しているようにも見えちまいますが・・・出してくれませんかねぇぇ「vols」。



pickup

「明確な形をアウトプットしてはいけない」─坂井氏の難題に応えた3人のクリエイター (ITmedia)