【iPhone敗戦?】乾牧夫「戦後処理も必要な段階だ」

UBS証券の乾牧夫シニアアナリスト(イケメン)が早々に商品総括。


日本では100万台売れる-との予測もあったアイフォーンに、もはや当初の勢いはない。アップルとソフトバンクは販売実績を極秘にしているが、通信業界に詳しいUBS証券の乾牧夫シニアアナリストは「20万台前後で止まっている感がある」と推測。年内販売は控えめに35万台程度と見積もっていたが、それにも及ばない情勢という。…



…乾氏は「新しい提案のある製品だが、日本向けに手直しせず発売した点で市場を見誤っていた。一定のヒットはしたが、戦後処理も必要な段階だ」とアイフォーン商戦を総括。

*「スマートフォン戦線異常あり iPhone失速、ドコモ攻勢」(イザ)



*iPhone 3Gの販売台数は実質「敗戦」状態か(GIGAZINE)



*乾牧夫 – Google イメージ検索


販売の話になると日本ケータイと比べられて可哀想ではありますが、全てを蹴散らす程のインパクトを期待されてましたからね。改善していく部分は着実に遂行していただくとして、いいじゃないですかゆっくりで。大爆発しないほうが、回線つぶれなかったり、急にドコモさんと話がまとまったりするかもしれませんし…いいじゃないですかね、使ってる方がワクワクできるなら。孫さんはそんな悠長な事言ってられないのかもしれませんけど…。また敷居がさがるのでしょうか?プリモバに下りてきたりして?!