SONYのAndroid「ウォークマンZ」バッテリー改善とFLAC対応。

NW-Z1000シリーズがAndroid4.0へ。NW-F805シリーズにもアップデートきてます。

Z1000シリーズはアップデートにより、Androidのバージョンが従来の2.3から4.0になる。ロスレスオーディオコーデックのFLAC(16bit/44.1kHz)に対応するほか、「mora」、「Music Unlimited」などのアプリを追加。なお、「ちょい聴きmora」はAndroid 4.0非対応のため、アップデート時に削除される。W.ミュージックのブックマーク機能のウィジェット化や横画面での日本語入力に対応。メディア管理ソフトウェア「Media Go」Ver.2.3にも対応する。
ソニー、ウォークマンZのAndroid 4.0/FLAC対応は12月中旬 –AV Watch

“ウォークマン”「NW-Z1050/NW-Z1060/NW-Z1070」のAndroid 4.0を含む本体システムソフトウェアアップデートプログラムおよび「NW-F805/NW-F806/NW-F807」「NW-F805K/NW-F806K」「NW-F805BT」の本体システムソフトウェアアップデートプログラム開始予定のお知らせ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN “ウォークマン” | ソニー

バッテリーのもちが25時間から34時間へと改善。FLAC対応やMusic Unlimitedアプリも追加。
さらに既にAndroid4.0なF800シリーズにも共通アップデート事項として、本体でプレイリスト作成やサウンドエフェクトの向上、ビデオ縦画面再生/連続再生等が含まれておりますよ。提供は12月中旬より開始。WALKMAN使いさんには嬉しいアップデートですね!