BookLive、WiMAX月額通信料無料の「Readerリディオ(NEC)」発売。

端末からの利益は…「あまりない」。お値段8480円の新顔電子書籍リーダー。


サービスとして端末を提案するというBookLiveだが、ハードウェアの導入台数は「数十万台単位」、端末からの利益は「あまりない」とのこと。BookLiveユーザーのうち専用端末がどれくらいの構成比になるかについては、「具体的なものは見えていない。新しいものにどう対応していくかだが、最終的には(専用端末が)3割ぐらいでは」とした。
BookLive、WiMAX内蔵/8,480円の電子書籍端末 –AV Watch

WiMAX通信料不要、BookLive!が8480円のNEC製電子書籍端末を発売 – ケータイ Watch

プリインストールされる「朝日新聞デジタル for booklovers」は「朝日新聞デジタル」の簡易版で、読書愛好家に向けてその日の注目ニュースや名物コラム「天声人語」、新聞の文化面の記事をピックアップ。毎日記事が「リディオ」に自動配信される。2013年1月31日まで無料。2月1日からは月額課金380円(税込)、申し込み月は無料を予定している。
BookLiveが電子書籍リーダーに参入 「朝日新聞デジタル for booklovers」がプリイン – 本のニュース | BOOK.asahi.com

電子書籍ストア BookLive! – マンガ、小説、雑誌まで【無料サンプル多数】

凸版印刷グループがやってる電子書籍サービス「ブックライブ!」がNEC製の専用ハードを発表。「箱から出してすぐ使えること」を重視したとの事で、電源を入れる→誕生日・性別・パスワード、これで初期設定は完了。あとはクレカ入力すればもう電子書籍が購入可能となります。
使用するWiMAX通信代はBookLiveが負担してくれて8480円。マイクロSDカードスロット無し、PCとUSB接続できず、そしてWiMAXはLideo対応サービスと書籍ダウンロードだけ(検索くらいできたらいいのに)…このあたり気になりますが、「年配の方でも誰にでも」というターゲットだそうなので、かえってできない方が楽かも。朝日新聞ずっと無料!までやれば売れそうな気がしますが…。発売は12月10日から。