【ユーザーメリットは?】SoftBank孫正義55歳「生きている内に世界一」

SoftBank「アメリカでもフォトフレーム付けて売るから」。

SoftBanklogo
――販売手法で日本のノウハウを展開するということだが、例えばフォトフレームの展開などもしていくのか。
 孫社長「そうですね。当社が考え出したユニークな販売方法を展開したいし、米国で培った手法を日本にも逆輸入したい」
~中略~
――世界一を達成する時期について、「男子の本懐」などと言うのは遠回しでは。次なる目標を、年限を区切って教えてほしい。
 孫社長「私が生きているうちにやる」
*「設備投資はさらに加速する」 スプリント買収の孫社長ら一問一答  :日本経済新聞

■ ある
・本当にモバイルの国境をなくして欲しい。
・日本とアメリカの間で、家族通話料金無料などのサービスをするのでは?
・米国でのパケット料金が通常のパケット定額内になるかもしれないから。孫さんならやってくれそう。
・端末や基地局設備のコストなどでメリットは大きい。将来的にユーザーにとっては世界展開は見返りが多そう。
・iPhoneをより大量に、より安く仕入れられて、より安く提供されること。
・アメリカ人と会ったら、ソフトバンクの愚痴という共通の話題ができる。
【先週のお題】ソフトバンクの米Sprint買収、日本のユーザーにメリットは? – ケータイ Watch

ケータイWatchのアンケート結果で、日米共通の「愚痴」ができるという回答は秀逸ですね。ImpressもGJ。
日本ではインパクトで揺さぶりをかけ巻き込んで、混乱で鍛えられiPhoneという恵みに辿り着くみたいなストーリーだったと思いますけど、アメリカでも再現できるのでしょうか。スプリントはもうiPhone持ってますし、白戸家で売るわけにもいかんでしょうし(笑)。でも経営シミュレーションゲームみたいな視点ではほんと見物なんですよねぇ。果たして世界一に成れるのか?!男児らしいわかりやすい夢を見届ける…これはこれでメリットだなぁw
p.s.
長期で夢に賛同したいSoftBank株主さんはこれからも警戒しておいたほうが宜しいんでしょうね。来年、再来年忘れた頃に…とにかく益々設備投資し続けなければなりませんから。お買い物モードにもスイッチ入ってるようですし。