au「LISMO Port」、Windows 8でも使う時の注意点

KDDIが、Windows 8への対応状況を公開。

aulogo
インストール時の注意点として、Windows 7互換モードでLISMO Portをインストールすると、著作権保護データが破損する場合があり、互換モードは使わないよう呼びかけている。
 また、Windows 8へのOSアップグレードにも非対応。アップグレード前に「LISMO Portバックアップ」でバックアップを行ない、OSアップグレード後に「LISMO Port 5.0」のインストール、データのリストアをすれば利用はできるが、「LISMO Port」をバックアップせずにOSをアップグレードを行なうと、データの引き継ぎができない場合があるという。
*au、Windows 8対応の「LISMO Port」を11月2日公開 –AV Watch

*LISMO Port対応機種のWindows 8 (32ビット版・64ビット版) 対応状況について | スマートフォン・携帯電話に関するお知らせ | au

いよいよ発売日の10月26日が迫ってきたWindows 8、へのLISMO Port対応状況が公表されました。Windows 7互換モードでインスト、なんてついついやっちゃいそうですが、データがぶっ壊れる可能性も。OSアップデート前にきちんとLISMO Portのバックアップもとっておいた方が良いですね。
ドライバに関しては、最近のスマホはほとんどそのままで大丈夫、もしくは提供予定ですが、携帯電話の場合「非対応」となってしまうモデルもありますので、詳細は上記KDDIのページにてご確認を。