Amazon、恒久的にドコモ通信月額無料のKindle発売。

暗闇でも読みやすい電子書籍リーダー。


*Amazon「Kindle」11月日本発売、ストアは10月25日オープン – ケータイ Watch

*アマゾンが日本向けKindle最新4モデルを予約開始、「無料3G通信付きで1万2980円」の衝撃:ITpro

Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3Gには、NTTドコモの3G接続サービスが無料で付属する。回線契約はアマゾンがNTTドコモとの間で結ぶため、ユーザーはまったく考える必要がない。米アマゾン Kindleデバイス事業部 バイスプレジデントのデーブ・リンプ(Dave Limp)氏によると、この3G接続は「恒久的に」使えるという。なお、米国で9月に発表された製品のうち、Kindle Fire HD 8.9インチの2 モデルは今回の日本発売に含まれていない。これらは米国で11月20日に出荷開始予定だが、日本で提供するのは来年になるという。
*「日本語電子書籍は5万タイトル以上用意」:アマゾンのKindle、Kindle Fireが国内予約販売開始 – @IT

いよいよアマゾン・キンドル軍団が日本上陸!余波でこぼっこぼっkobo…っと溺れそうな電子書籍リーダーが一台w
ラインナップは電子書籍リーダーの本流Kindle Paperwhite2モデルと、他のこともやりたい方用タブレットKindle Fireシリーズが2モデル。気になるお値段は…Kindle PaperwhiteWi-Fi版がずばり8480円!Wi-Fi+3G版は通信費がアマゾンもちで1万2980円。Kindle Fireが1万2800円。Kindle Fire HD(16GB)が1万5800円。32GBでも1万9800円。安いですねぇ。
肝心のコンテンツですが、Kindleストアが明日開店で、日本語タイトルが5万。その内無料の日本語名作が1万。結構待たせていたので、このタイトル数でもインパクトを持ち込むのかと思いきや…アマゾン曰く「数を揃えるだけでなく質にもこだわっている」との事ですよ。まぁ楽譜やらなんやらで無理矢理数を稼いでるところよりましかw
出荷開始はPaperwhiteが11月19日、Fireの方が12月19日。販売はAmazonの他ケーズデンキ、ビックカメラ、上新電機、キタムラでも買えるそうですよ。