【au誰でも割違約金】佐藤明裁判長「消費者の利益を一方的に害するものだ」

京都地裁で中途解約の違約金訴訟に関する判決!

KDDI(au)の携帯電話契約の割引プランで、中途解約すると解約金約1万円を請求される契約条項は消費者契約法に違反し無効だとして、NPO法人「京都消費者契約ネットワーク」(京都市)が条項の使用差し止めなどを求めた消費者団体訴訟の判決が19日、京都地裁であった。

佐藤明裁判長は「(条項は)消費者の利益を一方的に害するものだ」と違法性を認め、条項の使用差し止めを命じた。解約金の一部についても返還するよう命じた。

*au解約金訴訟、契約条項の違法性認める : 読売新聞


*京都消費者契約ネットワーク

*誰でも割 | 割引サービス | au


同じ京都地裁でドコモの時は消費者契約ネットワークが敗訴しましたが、auの方は違法性を認めるという判決w SoftBankではどういう判決が出るのでしょうねぇ。そしてKDDIはこの先争うのでしょうけど…確定したら消費者がかえって不利益に、という結果にはならんで欲しいです。とりあえず2年で自動更新の部分に関しては、そのままの料金にしますから残ってね、の方が愛されるのになぁ。