【着信音小山田圭吾】au、防水防塵「INFOBAR A02」発売

NISHIKIGOI、ICE GRAY、AOAOと3色揃ったHTCがつくるINFOBAR誕生。

au infobar a02

au infobar a02

[youtube width=”300″ height=”250″]http://www.youtube.com/watch?v=G-DPf6aF_lM[/youtube]
Original Product|au

これまでの製品は、端末デザインとインターフェイスのデザインがそれぞれ別に存在し、箱物と中身とで世界に隔たりがあった部分がある。「INFOBAR A02」では、深澤氏と中村氏がタッグを組むことで、プロダクトとユーザーインターフェイスの境界線を同調させ、全体的な塊感を演出している。

 たとえば、サイドキーの位置は新iida UI(iida UI 2.0)のパネルと連続性を持たせている。画面オフの状態で端末上部左側の電源キーを押すと、電源キーのすぐ下のところから、アプリケーションのアイコンが画面に展開されるなど、ハードとソフトで統一されたデザイン思想がうかがえる。

 さらに今回、端末内のサウンドデザインは、コーネリアスの小山田圭吾が担当している。効果音だけでなく、着信音もコーネリアスによるもので、テレビCMでは端末内の音と同じ音源が採用される。

au、「INFOBAR A02」を発表 – ケータイ Watch

デザインは、INFOBARの生みの親である深澤直人氏が担当。INFOBAR A02のデザインについては、ユーザーインタフェースを担当する中村勇吾氏と協同で、ハードとソフト、プロダクトとUIが境なく同調する「一つの塊」としてデザインしたという。「従来のデザインは『あんこ』とそれを包む『もなか』を作っていた。これからのデザインは『ようかん』。『内』と『外』の区別が無くなってきている」(深澤直人氏)

クアッドコアのキビキビINFOBAR:新カラーはAOAOとICE GRAY――「INFOBAR A02」、2月中旬に発売 – ITmedia Mobile

防水防塵で、ステレオミニジャック付いて、発売未定なものの(同梱すればいいのに)卓上ホルダー用の接点があって、このあたりはINFOBAR C01使いとしては羨ましいですが…やっぱりテンキーがあった方がストレートな「インフォバーらしさ」は伝わりやすいですw あとはiida UIの使い心地。正直C01ではスペック不足からイラッとする場面はあるのです。見栄えはいいのでスペック向上と「ようかん」設計でそのあたりの熟成具合を期待したいですね!発売は2月中旬です。