【スマホの接客】ドコモショップマイスター「家族4人で半日かかったこともある」

コンテスト優勝者はドコモショップ苗穂店。

http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/06/docomo01/index.html

docomo

※編集部追記(2013年2月8日)
出場スタッフの発言の内容に誤りがあったため、該当箇所を修正致しました。読者の皆様ならびにご迷惑をおかけしました関係各位の皆様に深くお詫び申し上げます

実際、訪れる客の数は増えているということで、例えば対応の最初に時間の目安を伝えて目安を知ってもらうなど、工夫をしながら接客を行っているという。やはりiPhoneの人気はあり、ドコモの端末やサービスでカバーできる点を紹介するなどして、客にメリットを伝えているが、それでもどうしてもiPhoneを使いたいと言われた場合は、ドコモを使ってもらって不満に思われないためにも、無理には勧めないようだ。ちなみに、SIMロックフリーiPhoneの持ち込みは、「サポートがないので、基本的にはおすすめしない」(同)が、これまで1年間に2件程度のSIM発行をしたという。

徳永さんは、ドコモショップでの接客を通して、「今は(スマートフォンへの認知の)過渡期」と指摘。今後、スマートフォンに慣れたユーザーが増えれば、接客時間の長さなどの問題は落ち着くとみている。

【レポート】全国35,000人の中からナンバーワンを決定!! – ドコモがショップスタッフ応対コンテストを開催 | マイナビニュース

ドコモショップ 札幌店 南郷店 苗穂店

「無理に(ドコモを)使ってもらって不満に思われるよりは、iPhoneを勧めることもある」といった記述があったのですが「内容に誤りがあったため」との事で修正されてました。ここを記事タイトルにしたかったのにw

まぁiPhoneに関しては、ネチネチとiPhoneの弱点をあげつらうのを聴かされるより、すっきりとないものはない!って言われちゃった方が逆に印象は良いかも。むこうも時間はかけてられないでしょうし、あとは将来ドコモ版が出る可能性もあるわけですしね。接客時間は感覚的に「倍」増で「家族4人で半日かかったこともある」との事。料金や契約手続きの他、発展途上のミニPCともいえる「スマホ」の教室的な役目もしなくちゃならないですし、ドバーっと新製品も出ますしね。ホントたいへんだと思います。