ソフトバンク、auユーザーの震災孤児にも18歳になるまで完全無料。

孫社長が「やりましょう」と明言!パケ代も含むのかなど細かい部分は現時点で呟かれていませんが本体提供だけという事ではないでしょうし、ドコモもauも、とはさすがです。


孫社長は、どうしてそのような決断をしたのでしょうか? それは、一般のTwitterユーザーが孫社長に「支払い能力を失った孤児へ優先的に無償配布、期間限定でもいいので無料通話できるようにしてもらえたら。家族とも友達とも連絡できない子どもが気掛かりで」と要望を出したのがきっかけでした。



孫社長は「やりましょう。震災孤児への18歳になるまでの完全無償提供」と即答し、完全無償提供が決定したのです。また、驚くことに震災孤児がドコモやauのユーザーだった場合、ソフトバンクモバイルが震災孤児に代わってドコモやauに利用料金を支払うというのです! これには「神対応」としか言いようがありませんね。





*【神対応】震災孤児はソフトバンク携帯が18歳まで無償「ドコモ携帯も孤児に代わりSBが支払い」 – ガジェット通信


「被災した知り合いは津波で全てが流されてしまって、携帯電話を新たに契約出来ない状態です。証明書等が一切無くても、何かしら携帯電話を契約出来る体制作れませんか?是非お願いします!」との声を受け、こちらも証明書なしで被災者の新規契約を受け付けることを決定。このスピード感は、以前からツイッターでユーザーの声を汲み上げてきた孫社長ならではのものと言えそうだ。



*「震災孤児は18歳まで無償」ソフトバンクモバイルの孫正義社長が表明。 – Narinari.com


*孫正義 (masason) on Twitter


何か裏があると思われたり、売名・宣伝費としては安い、なんて受け取られてしまうところが孫さんの損なところ(実際グレーな事もやるので仕方ない部分もありますが)。ただ、今回の対応は「漢」であると思います。震災を切っ掛けに提供された使い放題のサービスを何年も使い続ける心理的負担、というのも考えてあげなくてはなりませんが、将来的な事より先ずは子供達のためになんとかしたい、という孫社長の気持ちは強く伝わってきましたよ!



p.s.

証明書いらずのフリー携帯、をエア被災の悪い大人達が使い倒すというような事態だけは避けたいところです。。。