【目標1000万台】「楽天モバイル」の格安スマホ、音声通話付きで業界最安値スタート


rakuten-mobile
「楽天モバイル」は、フュージョンが提供する、NTTドコモのLTE網を利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスです。このたび、SIMフリー端末と音声通話対応の格安SIMカードのセット、および音声通話対応の格安SIMカードのみの、2つのサービスを提供します。


楽天グループ、携帯電話サービスに本格参入 「楽天モバイル」を提供開始

三木谷氏は最後に、「販売目標は1000万台」と宣言。楽天グループの会員が約9400万人、楽天カードの会員が約1000万人になっていること、MVNO市場の拡大が見込まれることなどから、「現実的な数字」とした。「(1000万台達成の)目安としては、3~5年。MNPをいかに簡単にできるようにするかがキーになる」との見方も示しており、MNPの受付については実店舗を利用した展開も検討している。


フュージョン、音声付LTEで2.1GB/月額1600円の「楽天モバイル」 – ケータイ Watch

楽天モバイル

Check

  • 楽天(フュージョン)も「格安SIM」に参入。販売目標は1000万台。

  • 料金プランは、最大通信速度200kbpsまでで月額1250円の「ベーシック」、高速通信が2.1GBまで使える月額1600円の「2.1Gパック」、月額2150円の「4Gパック」、月額2960円の「7Gパック」。音声通話できる格安SIMでは業界最安値水準。

  • 全プラン、1年縛り。期間内の解約は違約金9800円。

  • 格安スマートフォンとのセット第一弾はASUSの「ZenFone 5」。MVNO向けモデルとなりストレージは8GB。価格は2万6400円。2014年12月、2015年2月にも新モデルを追加予定。

  • キャンペーンとして、各プランが初月無料、楽天モバイルを契約し楽天でんわに登録すると楽天ポイント1000ポイント、端末を一括購入すると楽天ポイントを1500ポイントプレゼント。期間は2014年11月19日(水)09:59まで。