「RICOH GR III」、2019年春発売予定!


現在開発中の「RICOH GR III」は、変わらぬ基本コンセプトをベースとして、新開発のレンズをはじめ、イメージセンサーや画像処理エンジン等の主要デバイスを全て一新し、さらなる高画質を追求するとともに、各種機能やユーザーインターフェースの強化、刷新をはかります。


ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」を開発|RICOH IMAGING



リコーが、「GR III」の開発を発表しました!


レンズは18.3mm(35ミリ判換算で約28mm)・F2.8~F16で、レンズ構成は4群6枚(非球面レンズ2枚)。


画素数は約2424万画素(APS-C)、ISOは100~未確定、ディスプレイは3.0型TFTカラー(約103.7万ドット)のタッチパネル、USB Type-C採用。


さらに、手ぶれ補正、ダストリムーバル、ローパスセレクターを搭載。


サイズは、前モデルGR IIでは「約117.0(幅)×62.8(高)×34.7(厚)mm」でしたが、GR IIIは「約109.4(幅)×61.9(高)×33.2(厚)mm」と小型化。


発売は、2019年春の予定(という事は夏を覚悟?)。お値段未定(10万切れるか?)。


私は初代GRにワイコンをつけて時々持ち出しますが、手ぶれ補正とダストリムーバルが特に羨ましいです。あとは防塵・防滴が付くか、もしくは小型化を続けていければスナップカメラの最高峰として完成の域でしょう。