【発火スマホ】Samsungの「Galaxy Note7」、リコールから販売停止へ

samsung-galaxy-note7-explosion-2016-10-nhk

サムスン電子 発火スマホの生産・販売を中止 | NHKニュース

samsung-galaxy-note7-explosion-2016-10-00001
samsung-galaxy-note7-explosion-2016-10-bbc
隠そうとするからばれるんだとよく言われる。そしてサムスンと「ノート7」についても、まだ危険だと認めるのが遅れたため、積極的な対策は追いつかなかったようだ。


「ギャラクシーノート7」の電源切って=サムスン – BBCニュース

samsung-galaxy-note7-explosion-2016-10-wsj
米カーネギーメロン大学のベンカット・ビスワナサン助教(機械工学)は、「リチウムイオンバッテリーは故障率が非常に低い」とし、他に考え得る問題としてバッテリーの電圧制御システムやバッテリー内部に使用されている低品質素材を挙げた。


サムスンのノート7発火原因めぐり新たな疑問 – WSJ

高速充電機能による過負荷も発熱の原因になり得ると指摘されている。高速充電では通常の充電よりも多くの電流を一度に流すからだ。サムスン電子関係者は「バッテリー以外の原因はまだ見つかっていない。ハードウェアやソフトウェアの設計上の問題など広範囲に調べ直している」と語った。


スマホ爆発:ギャラクシーノート7、設計ミスの可能性も-Chosun online 朝鮮日報

海外やオンラインでお買い求めになった「Galaxy Note7」(日本未発売)をお持ちの方は、購買された海外等のお店にご連絡をして頂きグローバルで展開されているExchange Programをご利用いただくか、弊社カスタマーサポートセンターまでご連絡を頂けますようお願い申し上げます。


海外やオンラインで販売された「Galaxy Note7」について│Galaxy


サムスンが2016年8月からアメリカや韓国などで発売した「Galaxy Note7」(日本では未発売)。9月にリコールで250万台を回収しましたが、とうとう販売停止に追い込まれました。

「Galaxy Note7」向けにバッテリーを納入しているのは主にサムスンSDIと言われていますが、リコール後の交換品にはTDK傘下の中国ATLのバッテリーへと切り替え。ですがこの交換品でも発火しちゃいました。

原因調査中のサムスンは、「消費者の安全が最優先」という事で販売と交換の中止、そして利用者には電源を切って欲しいと呼びかけています。

サムスンスマホ屋台骨シリーズの最新モデル「GALAXY S8」が、2017年2月に発表する見込みらしいですが、どう影響しますでしょうか。S8でも同様の発火不具合をやらかしてしまったら、サムスンにとっていよいよ一大事となりますね。