au、「Galaxy S7 edge SCV33」Android 7.0へアップデート







その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(pdf)


Galaxy S7 edge SCV33 OS アップデート情報 | au


2017年3月15日10時から順次、Samsung「Galaxy S7 edge SCV33」Android 7.0へのOSアップデートが提供されます。

設定メニューの大幅変更、スマートマネージャーは「端末メンテナンス」に変更、勝手に操作できないようにする「安全な起動」機能追加、パスワードを覚える必要がなくなる「Galaxy Pass」追加、これまでの省電力モードは標準モードと呼ばれるなど38項目の追加・変更があります。

カメラアプリ設定内の「Rawファイルとして保存」など23項目がアップデートにより削除。OSアップデート後は元に戻せません。

更新時間はWi-Fi・4G(LTE/WiMAX 2+)利用で約40分。ファイルサイズは約1.6GB。

正常アップデート後のソフトウェアビルド番号は「NRD90M.SCV33KDU1BQC4」。「設定」アプリを起動し「端末情報」→「ソフトウエア情報」→「ビルド番号」で確認できます。

バットマンモデルのInjusticeやOlympic Games Editionのアップデートは今回提供されず。準備が整い次第になるとの事です。