【2017年夏モデル】SHARP、防水防塵フラグシップスマートフォン「AQUOS R」発表








AQUOS Rスペシャルサイト

5.3インチのIGZOディスプレイは、解像度を2560×1440ドットに向上させた上で、120Hz駆動という倍速駆動を実現。滑らかさは従来機種と比べて1.5倍になったとし、「TwitterやFacebookが、見たこともないくらい滑らかに動く」とその効果を強調する。


100万台が目標の「AQUOS R」、新生シャープが手がける「先進」と「親しみ」とは – ケータイ Watch

OSAndroid 7.1
Battery3160mAh
MemoryRAM 4GB / ROM 64GB
Display約5.3インチWQHD(2560×1440ドット) ハイスピードIGZO
CPUQualcomm Snapdragon 835 processor
Cameraメイン2260万画素 / フロント1630万画素

シャープが、スマートフォン「AQUOS」の新製品発表会を開催。今後キャリアにかかわらずフラッグシップモデルは「AQUOS R」という名称になります。


くっきりなめらかなハイスピードIGZO液晶搭載。


メインカメラは約2260万画素でレンズはF1.9、22㎜(35mm換算)の広角レンズを搭載。光学式(静止画・動画対応)と電子式手ブレ補正(動画のみ)採用。インカメラは約1630万画素でこちらも23㎜(35mm換算)の広角レンズを搭載。


発熱によるパフォーマンス低下に配慮。新開発のサーモマネジメントシステムにより、過去機種40.9℃から37℃へと4℃低下。


エモパーはさらに進化しニュースや天気をいい感じのタイミングで話しかけてくるように。また、動く充電台「ロボクル」に「AQUOS R」をのせておけば着信やアラームをユーザーの方を向いて全身でお知らせ(こういう発想は実にシャープらしいですね)。インカメラで顔を検知してるんだそうです。


GPS、GLONASS、北斗、GALILEO、そして準天頂衛星みちびきにも対応。


防水防塵、ワンセグ/フルセグ、FeliCa/NFCに対応。前面指紋センサー搭載。


長く使えるように、発売後2年間、最新Android OSへのアップデートを約束。


発売は2017年夏。どのキャリアから出るかなどはまだ不明です。