【mineo事務手数料無料】晋遊舎「SIMフリー完全ガイド」を買っておいた

格安SIM最強ランキング

調査員10人、170時間にわたって速度や料金、サービスなど様々な角度から格安SIMの品質をテスト。「チャージ料金」「カウントフリー」「バースト機能」「違約金」など27項目におよぶチェックを経て完成したランキングです。2016年秋冬に契約すべき格安SIMが一目瞭然。また、話題のLINEモバイルも照って検証しました。


SIMフリー完全ガイド | 晋遊舎ONLINE


shinyusha-kanzen-156-sim-mineo
お目当てはコレ。mineoの初期費用3000円が0円になるエントリーコード付き(音声通話SIMやMNP転入もOK)。さらに開通翌月から3ヶ月間2GBのパケットギフトがもらえちゃいます。といっても…とり急ぎ契約の予定はないのですが、有効期間が2017年10月31日までと長いので、とりあえず買っておきました。


shinyusha-kanzen-156-sim-a
目的は特別付録でしたが、ガイドブックの方も、単なるカタログ本ではなくて、例えば格安SIMランキングの最下位には、「使い物にならず」としっかり断言しています。1位はまぁ…特別付録とのコラボっぷりで察してくださいw

これから格安SIMにしようという方は、先ずどこと契約すればいいのか、次に端末は何が良いのかで悩みだし、結局面倒になってきて、現状契約のまままた2年縛られちゃう、って方もいると思います。

「世界一やさしく解説!」と表紙に書いてあるこのガイド本は、決してビギナー向きの誌面づくりとは思えないのですが、それでも「そもそもSIMって何か?」「SIMカードのサイズは?」ってところから掲載されていますので、じっくりと読めば参考になると思います。

スマホ端末のランキング50も掲載していて、「発熱」というテスト項目が参考になりました。SONYのXperiaはこの発熱とバッテリーで点数が伸び悩みます。ちなみに最強スマホ1位は、SamsungギャラクシーでもApple iPhoneでもありませんでした(詳細は誌面を)。


p.s.
shinyusha-kanzen-156-sim-0sim
0 SIMは「番外」として掲載。色々注意点が書かれています。ホント遅いよw