auとドコモ、中古スマホの持ち込みSIMロック解除で違い


sony-xperia-z4-b1
auでは、「Galaxy S6 edge SCV31」(4月23日発売)を含む、5月1日以降に発売されるSIMロック解除の対象機種について、「auでの購入履歴がある端末」(auが販売した端末)であれば、SIMロックの解除が可能としている。

 このため、中古ショップなどで購入した端末であっても、auが販売した時点から6カ月間が経過していれば、SIMロック解除の手数料を支払うことで、店頭にてSIMロックの解除が行える見込み。


中古スマホ“持ち込みSIMロック解除”はどうなる? ドコモとKDDIで差 – ケータイ Watch

SIMロック解除手続き方法

(1)SIMロック解除条件
ご購入日から180日が経過していること

(2)SIMロック解除受付
auの回線契約をお持ちの場合
当社Webサイ、またはauショップにてSIMロック解除の受付が可能です。
auの回線契約をお持ちでない場合
auショップにてSIMロック解除の受付が可能です。

(3)SIMロック解除方法
SIMロック解除の受付が完了した対象端末で下記手順を実施いただくことで、SIMロックが解除されます。
[1] 他社のSIMカードを挿入
[2] 電源を投入してWi-Fiに接続
[3] 設定ファイルの更新 (設定ファイルのダウンロードおよび端末再起動)


SIMロック解除の開始について | KDDI株式会社

SIMロック解除のご利用手続きについて | auお客さまサポート

Check

  • auが、SIMロック解除を開始。

  • 対象の端末は、「2015年5月以降」に発売するスマートフォンやタブレットなどのau端末。ただし、4月23日発売のSamsung「Galaxy S6 edge SCV31」も対象に含まれる。

  • 「SIMロック解除制限期間」として購入日から「180日間」は解除できない。

  • SIMロック解除手数料は、webで行う場合は無料。auショップで行うと、3000円(税抜)かかってしまう。

  • 「2015年5月以降」発売の機種を中古で買った場合の持ち込みSIMロック解除は、auは可能。ドコモは不可に。ドコモから購入した本人しかできなくなる、との事。