「実質0円スマホ」がもう復活したらしい

toyokeizai-2016-0322
3月中旬に都心でざっと調べただけでも、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの複数の携帯ショップで、店外から見える場所に「実質ゼロ円」のポスターが張られていた。8万~10万円する米アップルの最新機種「アイフォーン6s」が、他社からの乗り換えでタダになる旨を堂々と明記していたのだ。


スマホ「実質ゼロ円」、1カ月でまさかの復活 | 東洋経済オンライン

【実質0円終了】一番落ちたau、追い打ちとなったSONYモバイル – auとかデジ

  • 東洋経済に「実質0円スマホ」がもう復活、という記事が載っています。

  • なんでも総務省のガイドライン案に「下取りは端末購入時の値引きに当たらない」という抜け穴的一文があるんだそうです。auとソフトバンクはココを突き、液晶が割れていなければiPhone以外でもなんでも高額下取りする事により、ガイドライン案に沿った形での「実質0円」を実現。ドコモは下取りは含めず学割や2台同時契約などを条件にしている模様。

  • ガイドライン適用は4月1日以降。総務省関係者は「穴は絶対埋める」と息巻いているみたいですが果たして…。