SoftBank、ギガノーカウントの「ウルトラギガモンスター+」と「ミニモンスター」プラン発表




ウルトラギガモンスター+(プラス) | ソフトバンク










“ソフトバンク”から、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター+」が登場! | ソフトバンク株式会社

「2GBを超えるなら50GBプランのほうがお得」という無茶苦茶な設定のような気がするが、ソフトバンクとしては、あくまでミニモンスターは「客寄せパンダ」的な存在であり、本命はウルトラギガモンスター+を売りまくりたいのだろう。


分離プラン「ウルトラギガモンスター+」は「4割値下げ」に対するソフトバンクの回答か(石川温) – Engadget 日本版


SoftBankも、端末代を割引しない分離プランを発表してきました。


「ウルトラギガモンスター+」は、データ容量毎月50GB利用可能で、YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、Hulu、LINE(音声・ビデオ通話は対象外)、Instagram、Facebookがノーカウント(対象サービスは拡大予定)。料金は、1年間割引(-1000円)、光回線セット割引(-1000円)、家族割引(4人以上は-2000円)を最大限適用できた場合に、月額3480円(2年縛り・1年目だけ)。


「ミニモンスター」は4段階で自動適用されるプラン。最安は、データ容量1GBまで、1年間割引(-1000円)、光回線セット割引(-1000円)適用の場合に、月額1980円(2年縛り・1年目だけ)。


音声通話の1回5分以内無料を付けると月額+500円、24時間定額をつけると月額+1500円。


2018年9月6日よりスタート。機種変更を伴わない料金プラン変更の場合は、2018年11月1日以降に受付予定です。