SoftBank、ワイモバイル契約者に新割引プランを検討

SoftBank
新料金プランは、ワイモバイルと契約して米グーグルの基本ソフト(OS)、アンドロイドのスマホを使っている小学生や中学生が、米アップルのiPhone(アイフォーン)の最新機種を利用するためにソフトバンクに乗り換えることを想定。現在は、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えると、通信料が月額3千円程度上がるが、宮内社長は「(ワイモバイルからソフトバンクに)パススルー(移行)できるプランを検討中だ」と述べた。


ワイモバイルから乗り換え ソフトバンク、割引プラン – 産経ニュース

ソフトバンクは「ブランド別に台数を開示する意味がない」と明言を避けているが、ある代理店は「ワイモバイルを除けば、ソフトバンクの販売台数は大きく落ち込んでいる」と実態を明かす。


ソフトバンクショップ、ゼロ円禁止で窮地に | 東洋経済オンライン


SoftBankの宮内謙社長が、産経新聞の取材で、新プランの検討を明かしています。

ワイモバイル契約者を対象に、SoftBankへ移行しやすい割引プランを検討中との事。

現在ワイモバイルの好調でSoftBankの落ち込みをカバーしている状態とみられますが(ワイモバイル単独の数字は公表していない)、さぁこの割引料金プランで思惑通りうまく吸い上げる事ができますでしょうか。