SONY、高速AFと動画3軸手ブレ補正内蔵のスマホ向け新イメージセンサーを商品化

SONY-ExmorRS-IMX318

Sony Japan | ニュースリリース | 小型(1/2.6型)で2250万画素を実現、ハイブリットAF等を内蔵したイメージセンサーを商品化

  • SONYが主にスマートフォン向けとなる1/2.6型小型光学サイズの新CMOSイメージセンサー「IMX318」の商品化を発表しています。有効画素数は2250万画素です。

  • 像面位相差AFとコントラストAFのハイブリッドAFを、業界で初めてイメージセンサー内部の信号処理回路に内蔵。最速0.03秒(60fps動画時は最速0.017秒)のAFを実現し、静止画・動画ともに的確なピント合わせができるように。

  • 動画向けの3軸手ブレ補正も、業界で初めてイメージセンサー内部の信号処理回路に内蔵。手振れとともにレンズの歪みも同時に補正可能で、さらにソフトウェア処理の場合よりも低消費電力で撮影が可能に。スマホだけでなくドローンにも適しているとの事。又、4K動画撮影中に2250万画素の静止画も記録できるようになります。

  • サンプル価格2000円で、量産出荷時期は2016年5月からの予定です。