【2015年4月出荷】SONY、スマートフォンでも「像面位相差AF」を実現


sony-exmorRS

sony-exmorRS-192

sony-exmorRS-hdr
業界初、像面位相差AF信号処理機能の搭載で高速AFを実現した積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを商品化


Sony Japan | ニュースリリース | 積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを商品化

ソニー、スマホで高速AFを可能にする「Exmor RS IMX230」 – AV Watch

ソニー、積層型CMOSイメージセンサーの増産に350億円投資 – MONOist(モノイスト)

Check

  • 1/2.4型の積層型CMOSイメージセンサー「IMX230」を商品化。有効2100万画素。

  • ミラーレスカメラなどで採用されている「像面位相差AF」をスマートフォンでも実現。静止画や動画でも、子供やペットなど動き回る被写体をしっかり捉える高速オートフォーカス。測距点は最大192点。

  • 逆光などでも解像度を高め色鮮やかに撮影できる「HDR(ハイダイナミックレンジ)イメージング」。動画(4K対応)の他、要望が多かったという静止画撮影にも対応へ。

  • 2015年4月から量産・順次出荷予定。サンプル価格2100円。来年度中に有効1600万画素もラインナップ展開予定。