SONY、「次もXperia」という人を増やしていく


Sony
sony-Xperia_Z3_Tablet_Compact_Water
sony-mobile-marketshare2013
sony-mobile-ir1411

Sony IR Day 2014

「さまざまな商品がデジタル化・コモディティ化する中で、ハイエンド帯に集中したら“ハイエンド”がなくなっていたというのはよくある現象だった」。高付加価値モデルへの集中が“第2のVAIO”に続く道だと懸念する声に、十時社長は「失敗から学ぶことは重要」という。「チャレンジするにはある程度リスクにたえうる会社の構造が必要」。高付加価値モデルへの集中と構造改革で16年度以降、安定的に収益を見込める体制を構築し、その上でスマホの“次”のムーブメントへ備えるという腹づもりだ。


ソニー、スマホはモデル数絞り込み・高付加価値モデル集中 Xperia継続購買率向上に取り組む – ITmedia ニュース

ソニーが’15年投入するTVの大半がAndroid採用。“ヒットモデル作戦”も – AV Watch

ソニー FIFAとスポンサー契約更新せず NHKニュース

Check

  • モバイル事業は、製品モデル数を厳選し効率化。2016年度以降安定した収益を出せる構造へと改革し、「次」に備える。

  • Xperia既存顧客の満足度は上昇している。既存顧客にアプローチするマーケティングの比重を高め、継続購買率を、2014年の35%から2017年には50%へと向上させたい考え。

  • 2015年度、SONYが投入するほとんどのテレビでAndroidプラットフォームを採用。スマホ・タブレットとの連携が劇的に進歩。

  • FIFAスポンサーの契約は更新しない方針。8年で総額330億円支払っていた。