SONY、24mmからの新開発レンズとポップアップ式ファインダー搭載の「RX100M3」発表


sony-RX100M3
1.0型(13.2×8.8mm)のExmor R CMOSセンサーを搭載。有効画素は約2,010万画素。コンパクトデジカメで多い1/1.7型センサーなどと比べ、受光部の表面積比は約2.8倍で、裏面照射型でもあるため、暗所に強く、高感度で低ノイズな撮影ができるという。


ソニー、1型CMOSと有機ELファインダー。ツァイスレンズの高級コンパクト「RX100III」。XAVC S動画も – AV Watch

sony-RX100M3

sony-RX100M3


RXシリーズ・スペシャルサイト | デジタルスチルカメラ Cyber-shot “サイバーショット” | ソニー


サイズ約101.6×58.1×41.0 mm
重量約290g(バッテリー・メモリーカード含む)
撮像素子1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor R CMOSセンサー  / 約2010万画素
ISO125~12800
レンズ24~70mm / F1.8-2.8
液晶モニター3.0型 チルト可能

Check

  • レンズはRX100とRX100M2では28~100mm/F1.8-4.9でしたが、24~70mm/F1.8-2.8へ。撮影距離はワイド端時で最短約5cm、テレ端で30cm(RX100M2は55cm)。NDフィルター内蔵。

  • コンパクトボディそのままでポップアップ式の有機ELファインダー内蔵を実現(倍率約0.59倍)。アイセンサー搭載でファインダーと液晶モニターの表示切り替えも自動。

  • 5月30日発売で、お値段は8万8000円前後。

  • コンパクトデジタルカメラ市場は縮小傾向で、二桁%の縮小を見込む。ただ高級コンパクトデジカメはレンズ交換式カメラのサブとして伸びていて、ソニーは高単価(平均7万円)を実現。

  • [youtube]https://www.youtube.com/watch?v=ab89NU0QPyY[/youtube]