格安SIM向けSIMロック廃止や実質0円スマホ対策

soumu-guideline-2017-01-00001

総務省|モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン についての意見募集の結果

2017年8月1日以降に発売されるMVNO向けのSIMロックも廃止とする。現在、ソフトバンクとau(au VoLTE)の回線を使ったMVNOのSIMカードを使用するには、端末をSIMロック解除する必要があったが、これが不要になる。


SIMロックの解除期間が短縮 一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に – ITmedia Mobile

新たに2017年2月から適用されるのは、通信回線の契約によって一時的(1カ月未満)に増える奨励金への規制だ。これにより、たとえば週末だけ割引が増えて実質0円になってしまうケースなどを廃止に追い込むことが期待されている。


SIMロック解除までの期間を短縮、週末限定割引や「下取りでの実質0円」廃止――総務省が新たなガイドラインを策定 – ケータイ Watch


総務省が、「モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン」を発表しています。

SIMロック解除ができるようになるまでの期間が短縮化されます。これまでは端末購入から6ヶ月経過後でしたが、割賦払いで購入の場合100日程度以下(2017年8月1日以降)、一括払いの場合は支払いを確認できれば解除可能に(2017年12月1日以降)。そして解約時も原則SIMロック解除が可能となります(2017年5月1日以降)。

MVNO向けのSIMロック廃止に。au回線を使った格安SIMを使うのに、au VoLTE端末のSIMロック解除が必要でしたが、これが不要になります。2017年8月1日以降に発売される端末が対象です。

「実質0円」対策としては、報奨金の臨時増額が「適正」化(2017年2月1日から適用)。実質タダになるような下取りプログラムも「適正」化されるようです(2017年6月1日以降発売される端末から適用)。