【UPQ・DMM】格安50/65インチ4Kディスプレイ、リフレッシュレート120Hz倍速駆動未対応でお詫び



UPQディスプレイ製品3機種のリフレッシュレート表記の誤りについてのお詫びとお知らせ | 株式会社UPQ(アップ・キュー)


DMM.make 4K – 低価格の4K50/65ディスプレイがDMMから登場

DMMの50/65型4Kディスプレイは120Hz非対応だった。返金対応も。UPQはギフト券 – AV Watch


国内最安値級の50/65インチ4Kディスプレイ、のリフレッシュレートを誤表記で販売しつづけていたUPQとDMM。


「120Hz」と記載していたが、120Hz倍速駆動には非対応。正しくは「60Hz」


UPQは、お詫び対応として、Amazonギフト2000円分を「キャッシュバック」(←UPQリリースではこういう表現)。


対象モデルは、Q-display 4K50、Q-display 4K50X、Q-display 4K65 Limited model 2016/17。購入対象期間は、発売日~2017年4月12日 午前11時まで。連絡は、レシートや領収書等新品購入の証明となる写真とシリアルナンバーの写真を専用連絡フォームから送信しろとの事。対応期間は2017年4月12日11時~2017年6月30日まで。


UPQの製品仕様書を信じてパンフレットやサイトを作成し10000台を販売してしまったDMM(UPQ初のODM供給先)。こちらは、きっちり返金対応。返金対応期間は2017年4月12日~2017年7月11日まで。レシートや購入履歴画面のデータ等で2017年4月12日以前の購入が証明できれば、税込み購入額と送料を返金。


UPQの、Amazonギフト券2000円(Eメールタイプ)だけでさらっと済まそうってのは酷いですね。「返金」or120Hzのものと「交換」orそのまま使ってもらう「お詫び代」、どれかを選択できるべきでしょう。