【VAIOスマートフォンで解決】日本通信三田聖二社長「二流のスマートフォンしか選択できない状況はよくない」


日本通信の三田聖二社長は、「二流のスマートフォンしか選択できない状況はよくない。Appleに次ぐブランド力を持つVAIOを提供することで、今のMVNO市場の問題を解決できる。2月に発売がずれ込んだが、最先端の技術を搭載し、グローバルに通用するVAIOのスマートフォンを、今年5月のSIMロック解除義務化の直前に発売できることは、むしろ絶好のタイミングだといえる。今年度の締めの四半期はエキサイティングなものになる」と、VAIOスマートフォンの売れ行きに強い自信を見せた。


日本通信、VAIOスマホのパッケージを初公開。2月の発売に向け準備は順調 – PC Watch

vaio-jci

VAIOブランドのスマートフォンについて | 日本通信株式会社

2月16日新商品発表にあたり、同日夕刻よりVAIOファン向けのイベント「VAIO meeting 2015」を開催いたします。

VAIO

Check

  • 株式会社「VAIO」が日本通信と組んでスマートフォン事業に参入。

  • 当初12月に発売する予定だったが、世界2位のタッチパネルメーカーの経営破綻で設計変更。発売は2月に。

  • 日本通信は「安かろう悪かろう」、「ノーブランド」、「日本メーカーの型落ち」といった格安スマホが氾濫しているMVNOの現状を危惧。

  • 三田聖二社長曰く「Appleに次ぐブランド力を持つ」という「VAIO」ブランドのスマートフォン発売で解決できる…との事。