ZTE、旭化成エレクトロニクスのDAC「AK4490」を搭載したフラッグシップスマートフォン「AXON 7」発売

zte-axon-7

ZTE AXON 7

akm-zte-2016-10-13-0

akm-zte-2016-10-13-1

akm-zte-2016-10-13-2

Audio Market Voices | ZTE AXON7 | 旭化成エレクトロニクス(AKM)

旭化成エレクトロニクス(AKM)のスマートフォン向けDSP「AK4961」に加え、ハイエンドオーディオ機器などにも搭載されているDAC「AK4490」も備え、FLACやWAVの96kHz/24bitなど、ハイレゾ音源再生に対応。デュアルスピーカーを搭載する。ステレオミニのヘッドフォン出力と、USB Type-C端子を装備。なお、付属イヤフォンはハイレゾ対応ではない。


ハイレゾ再生と日本初Dolby Atmos対応スマホ「AXON 7」。旭化成DAC搭載で59,800円 – AV Watch

OSAndroid 6.0
Battery3250mAh
MemoryRAM 4GB / ROM 64GB
Display5.5インチ有機EL 2560 x 1440ドット(WQHD)
CPUQualcomm Snapdragon 820 MSM 8996 Quad-core 2.15GHz
Cameraメイン2000万画素 / フロント800万画素

ZTEが、高音質が楽しめるハイスペックなSIMフリースマートフォン「AXON 7(アクソンセブン」を日本で発売します。

旭化成エレクトロニクスのD/Aコンバーター「AK4490EN」と専用クロックジェネレーター「AK8157A」を搭載。ノイズ対策や音質チューニングも施し上質なサウンドを実現。録音用チップ「AK4961ECB」も搭載し、臨場感のある音で録音可能です。

日本のスマホで初めて「Dolby Atmos(ドルビーアトモス」を採用。デュアルスピーカー搭載。

2000万画素、レンズF値1.8とカメラも高性能。光学式と電子式の手振れ補正を搭載。

本体デザインはBMWのグループ企業「Designworks」と共同開発。

指紋認証搭載。デュアルSIMデュアルスタンバイ、Quick Charge 3.0(急速充電)対応。

発売は10月21日(金)より。お値段は5万9800円となっております。